アメリカ・ウォールマートで6時間幼児を放置した女性



ウォルマートで新生児をゴミ箱に入れたとされた後、警察が12月24日土曜日に逮捕されたカンドレーア・トーマスは、幼児の車内放置による車の死に関連して2009年に逮捕された。

トーマスと別の女性、ミシェル・ビールスは、ダミン・マクエーフェンの死に関連して過失殺人罪で起訴された。保育園の所有者であるワンダ・コナー氏の刑事訴追は2012年に中止された。 5年間の執行猶予と1万時間の社会奉仕を訴えた。

この2人の女性はバトンルージュにあるワンダのキッズワールドと呼ばれる託児所で働いていた。若い少女は、98度の外の気温で6時間放置された後、2009年7月1日にバンで死亡していた。

保育園はMcElveenの死後に閉鎖された。

 

12月24日土曜日に、アメリカ南東部・ニューローズのウォールマートで生まれたばかりの乳幼児を、6時間放置したとしてその母親カンドレーア・トーマスが逮捕された。

おそらく、逮捕された女性は店内で赤ちゃんを産んだ。そのあと、乳幼児をゴミ箱に放置したといわれている。

今のところ、乳幼児は入院はしているが無事。

アメリカは、子供の車内放置をすると即逮捕される。旅行中でも部屋に子供を置き去りにすると逮捕される。なので、アメリカではベビーシッターと言う仕事が成り立っている。

 

メキシコのほぼ上部。アメリカ南東部ニューローズのウォルマート。

12月24日土曜日に、アメリカ南東部・ニューローズのウォールマートで生まれたばかりの乳幼児を、6時間放置したとしてその母親カンドレーア・トーマスが逮捕された。おそらく、逮捕された女性は店内で赤ちゃんを産んだ。そのあと、乳幼児をゴミ箱に放置したといわれている。

 

◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない