ウォルマートで放火して逮捕された男の心理とは?


放火犯は、他人に説明できない心理を持っている

 

バトンルージュ火災調査官が2016年11月13日午前3時20分ごろ、オニール・レーンでウォルマートの火災を起こした後、バトン・ルージュの男が2017年1月2日に逮捕された。

Eastside消防署はWalmartの火災に対応し、Baton Rouge Fire Investigatorsに援助を求めました。

ガーレン・リー・カーバー(21)は、当局がシガレットライターを使って化粧品通路に意図的に着火させたと当局が判断した後、火事を開始して逮捕された。

火災の開始に加えて、カーバーは一対の耳輪とフェイスウォッシュの瓶を盗んだ。火災と取られた品物は約226,000ドルの損害と売上げの喪失をもたらした。

カーバーは、悪化した火災や物品の盗難に悩まされている。

 

バトン・ルージュはアメリカ合衆国ルイジアナ州の州都である。

ニューオーリンズに続き州内第二位の規模を誇る都市である。

2005年のハリケーン・カトリーナ後、ニューオーリンズの人口が激減したことにより、一時的ではあるが両都市の規模が逆転した。

引用元:Wikipedia

 

 

今回の記事の翻訳は、かなり崩れているが、アメリカ・バートン・ルージュのウォルマートで、2016年11月13日午前3時20分ごろ火事があった。そのあと、監視カメラに写っていて、ライターを持っていたガーレン・リー・カーバー(21)という男を逮捕した。

「放火した」本人にしか分からない心理がある?

 

今回の記事の翻訳は、かなり崩れているが、アメリカ・バートン・ルージュのウォルマートで、2016年11月13日午前3時20分ごろ火事があった。

そのあと、監視カメラに写っていて、ライターを持っていたガーレン・リー・カーバー(21)という男を逮捕した。

放火は、どこの国でもあるの。もちろん日本でも放火魔は一定数存在する。

他人に、とんでもない悪党を働く、放火魔のその深層心理は誰にも分からないことが多い。

よく、ドラマとかであるのは、放火をした場所にその犯人が戻ってくると言うドラマが多いが、いまどきそんな放火魔はいない。

きちんと逮捕されても、放火魔はまた放火をすると言われている。

誰にでもあるはずだ、他人に知られたくない秘密は。

どうしても治せない癖が、あなたにも?

あなたも、他人に知られたくない秘密を「ひとつ」は持っているのだから……。

 

ドラマとかであるのは、放火をした場所にその犯人が戻ってくると言うドラマが多いが、いまどきそんな放火魔はいない。きちんと逮捕されても、放火魔はまた放火をすると言われている。誰にでもあるはずだ、他人に知られたくない秘密は。あなたも、他人に知られたく秘密をひとつは持っているはずだ……。

 

以下のウォルマート関連の記事をどうぞお楽しみ下さい。

 

● 2016年の世界長者番付ランキング1位は誰だ?

 

● 2016年の世界長者番付ランキング1位は誰だ?

 

● 2016年の世界長者番付ランキング1位は誰だ?

 

● 【2017年】日本にもスーパー大量閉店ラッシュ時代の到来か?

 

 

◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather