インドでは自宅まで現金を宅配するサービスがある


現金不足が蔓延しているインド

 

 

改革の一環で高額紙幣の500ルピーと1000ルピーの流通が停止された結果、同国で現金不足が起こった。

 

改革の一環で高額紙幣の500ルピーと1000ルピーの流通が停止された結果、現金不足が起こった。

 

インドはボッタクリを撲滅できるのか?

いまいち、インドで現金不足が起こっていると言われても、ピンとこないひとがいる。

日本に住んでいれば、銀行に行けばどうにかなるし、別に困るわけでもない。

現在では、おサイフケータイがあるので、コンビニなどではスマートフォンを支払いをしているひとも多くなった。

いまのところ、インドでの「現金宅配サービス」は、グルガーオンとバンガロールという2都市でしか行われていないのが現状だ。

2000ルピー = 約3400円

12億人の人口を持つインドではこれからのサービスとも言える。

いままでのインド社会では、95パーセントが現金決済だった。

しかし、突然インドの通貨の約85%が法定通貨でなくなった。

インフラが整っていないインドでは、急に大勢の国民に「新紙幣」になった事実は伝播しない。

なので、今回の騒動になっている。

これらの事象は、いわゆる効率化を求めたインド政府の意見が強いと言われている。

官僚・役人の汚職や、裏社会の撲滅をインド政府は阻止したいのだ。

簡単に言えば、悪党を叩きのめしたいインド政府の思惑が強かった。

日本人が、インド旅行に行けば必ずボッタクられる。しかも、クレジットカードを使えば、ナンバーを盗まれたりもする。

まだ、この現金宅配サービスは、2都市だけだが、インフラの整備されていないインドでは普及するまで長い時間を要す。

スウェーデンでは、現金の取り扱いが、2パーセント。

 

508421654

インフラが整っていないインドでは、急に大勢の国民に「新紙幣」になった事実は伝播しない。なので、今回の騒動になっている。これらの事象は、いわゆる効率化を求めたインド政府の意見が強いと言われている。官僚・役人の汚職や、裏社会の撲滅をインド政府は阻止したいのだ。簡単に言えば、悪党を叩きのめしたいインド政府の思惑が強かった。日本人が、インド旅行に行けば必ずボッタクられる。

 

 

◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather