母親を好きになった元彼氏を女性が打ち負かし逮捕される


母親に、元彼氏を盗まれた19歳の女性

 

(RNN) – 19歳のフロリダ州の女性が、元彼氏を殴打した後、膝に座っている母親にキスをして刑務所に入った。

Benanua Boltonは泣き出し始め、寝室の窓を突き破って犠牲者を椅子の上に押し込み、彼を床にぶつけた。彼は立ってしようとしたとき、彼女はによると、頭の中で彼を強打。

 

アメリカ・フロリダ州で、19歳の女性が元彼氏に暴力を振るって逮捕された。

簡単に言えば、別れた元彼氏が彼女の「母親」と交際していた。

その光景を見た元彼女が、元彼氏が母親のヒザにキスをしている現場を見て彼女が逆上した。

ささいなトラブルは、どこにでもある。年末だからだろうか、神戸でも女性が車をボコボコにした。

もともと、女性が暴力を振るわないわけではないし、女性の社会進出によって、社会が変化しているわけではない。

以前よりも、この手の男女間のトラブルは増えているのかと言えば、たいしてそうでもない。

たんに、インターネットの普及が考えられるだけである。ナビゲーションのように、そこそこ現代社会に生きる私たちを幸せにしてくれるものもある。

が、しかし、仕事の作業量が増えたりしているコンピューターの現状を見ているとそうでもないのがわかる。

年末は、ひとの流れが激しくなる。2017年の年末もこの手のトラブルは後を絶たない。

時代が進化しても、人間は変わらないのだから……。

 

12815180 G

もともと、女性が暴力を振るわないわけではないし、女性の社会進出によって、社会が変化しているわけではない。以前よりも、この手の男女間のトラブルは増えているのかと言えば、たいしてそうでもない。

 

◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない