「買い物依存性」はオンラインショッピングから生まれてきている


オンラインショッピングで買い物依存は増加している

 

ニューヨーク- ホリデーショッピングシーズンは、年間売上高の一部を失いつつある。

11月と12月は、今や25%以上のピークから、物理的な店舗での年間小売売上の21%未満を占めており、専門家はそれが落ち続けると信じています。小売業のエコノミストのマイケル・ニエミラ氏は、これらの余分なパーセンテージ・ポイントは、昨年の買収でさらに700億ドルの追加購入を目指すと述べている。

シーズンは着実に重要性を増し、80年代初めにピークを迎えました。ウォルマートのような大手ディスカウントストアの支配は、買い物客がデパートから離れるようになる前に、成長を止めました。それでも、2カ月間は、オンラインショッピングで取引が行われた1990年代半ばまで独占的だった。

日本でもここ数年で、オンラインショッピングの売り上げ額が伸びてきている。

昔からある百貨店も消費税が、8パーセントになるまでは順調だった。しかし、増税後には鈍化している。

なぜか、アメリカではウォールマートが人気があるようだが、やはり日本ではアマゾンが群を抜いている。

あいかわらず、世界的に消費者の財布のヒモは硬いようだ。

昔からある百貨店も消費税が、8パーセントになるまでは順調だった。しかし、増税後には鈍化している。なぜか、アメリカではウォールマートが人気があるようだが、やはり日本ではアマゾンが群を抜いている。あいかわらず、世界的に消費者の財布のヒモは硬いようだ。

 

 

◆以下のおすすめ記事をどうぞ

 

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない