アマゾン先住民の村に無断で入る奴は弓矢でその命を打ち抜いてみせる



koko85_peacetwint500-500x333
 

 

違法で金を取る人間は問答無用でぶっ殺す

南米アマゾン(Amazon)の熱帯雨林で外界から孤立して暮らす先住民が、違法採金者6人を弓矢で射殺した。ブラジル当局が18日、明らかにした。

まさか信じられない人もいるだろうが、タイ・ブラジルなどは未踏峰の山がいまだに存在するし、人跡未踏の場所もまだ残っている。さらに中国では山岳民族の人たちも存在する。

まず、裸で生きている人はそれこそ野生で暮らしている。まさか水道水なんてでてこない場所で生活用水を川から汲んでくるし、もちろん電気もないから火を焚く作業をして狩りで得てきた獲物を丸焼きにして食す。

現在社会の衛生的な環境はあるはずもない。彼らは、金の存在を知っていたとしても村からでない。自分たちの村を守るために生きている。ここには近代化した社会とは違う家族の絆が残っている。

日本ではもう裸族は存在しないし、これからも予定はない。野生で生きるのはそう簡単ではないしとにかく命がけで生きる。交通事故の心配はいらないが、それでも野生の生き物をと殺して生きているのだからデンジャラスである。

しかし、現代人でもコンタクトが取れる先住民族もいる。その中には、インターネットをアクセスして貨幣を稼いでいる裸族もいるので、どこまでと言っていいのか分からないが現在人とさほど変わりない人たちも存在しているので世の中はだだっ広い。

現代社会で生きる私たちは車・電車・飛行機などで世界の果てまでも旅行できるようになった。宇宙にも行く人がいるので、人間の潜在能力は素晴らしい。

ただ、先住民は外界から違う民族が侵入してくるのは嫌う。ずぶの素人が行くと、理由も聞かず抹殺される。そこに、密猟者が金や先住民族の生活必需品を搾取しようものなら即、抹殺されて当然である。

私たち日本人も、大昔は農耕民族だったのだから裸で生きていたはずである。ブラジルでもそうだが、スラムに棲む人間も、街に棲む人間も洋服を着て過ごしている。そう貨幣を稼がないと生きていけないのである。

ブラジルは、BRICSに入っていたがオリンピックが終われば、中国をはじめとする新興国自体が成長が止まった。そんなものである。世界全体を喰いものするグローバル化はまだまだこれからかだとも言える。

とにかく、中国をはじめとする新興国の時代は終わった。

そんな過酷な生活をしている先住民族の資源を貪り取られると、村の人間は黙ってはいなくない。理由もなくぶっ殺すのが常である。そこには先進国で言う、「人権」などと言う下らないルールは必要ない。もちろん総理大臣もいない。大統領も存在しない。あるのは村長の口だけだからだ。

 

すべて村長がルールである

 

今、アジア周辺の領海区域内で中国が大国づらをし無断で建物を建設している。誰も頼んでいないのに他国の領土に侵入してきている。

そこで、中国に付いて回る国もでてきているのが、今の南沙諸島沖で起きていることである。もし今、日本が戦争行為をしてしまうと国際社会から批判される。日本自身は戦争はする訳ではないが、いつまでも米軍がいる訳でもない。

そして、中国は自国のみならず他国のサンゴ礁やサンマを取りすぎたりもしている。実は昔、日本も魚の取りすぎで国際社会からは批判されていた。だから日本人もそこまで大きな声で言わない側面がある。

これから中国は軍事費を増やしてまさに世界の脅威的な存在になっていく。しかし、軍事費が上がりすぎると経済が悪くなるし国内の治安も悪くなる。

今回、密猟者6人はどこの国の密猟者だとは書いていない。だが、勝手に自分の領土内に知らないものが侵入して金を盗まれると誰でも怒るし、それこそ抹殺されるのがオチだ。

 先住民族の権利保障を訴える国際組織「サバイバル・インターナショナル(Survival International)」によると、ヤノマミの人口は3万5000人と推定され、アマゾン孤立先住民の中では最大級とされる。

この上の引用文には記していないが、密猟者は今までかかったことのない病気を持ってこられ、その上環境破壊もされているのでは先進国の人間と同じように怒るようになる。先ほども述べたように村長がルールである以上、無断で自分たちの資源を盗む人間は問答無用にぶっ殺していく。これが彼らの常識である。

私たちは戦争時代から資本主義の中で生きている。これから一層、資本主義が強くなる。

なので、私たちはジャングルの先住民族のように狩りはしていないが、資本主義の中で先住民族のように戦っている。 これから、もっと野生の資本主義の中でサバイバルしていくのだ。

あなたは、その準備ができているだろうか。

 

 

 

🔶この記事に関してわたしのツイッターのつぶやきをどうぞ

🔷おすすめ記事をどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather