マスコミは忘れた頃にスカウトマンの問題を蒸し返す媒体だ



images
 

今のマスコミはその程度である

 

アメリカ大統領選で、マスコミからインターネットまであらゆるメディアが湧いた。

そこで、私たちは一方的に彼らの飯の種と称して、偏向報道を押し付けられる。今にはまったことではないし、これから改善されることはない。ますますひどくなるのは目に見えている。

特別、一般のひとたちは気にすることではない問題だが、朝から晩まで一方通行の報道を喧伝されるとテレビに関心がないひとでも洗脳される。たとえば、ブラック企業などの問題でもどうしようもないことまでひっきりなしに報道が流される。

これにも増して、私たち日本は今までマスコミに騙されてきた。とびっきり美人のテレビ局の専属アナウンサーが優しい声でニュースを読んでるとそれだけファンになってしまう。

もう、アナウンサーの女性たちもタレントと化しているので、そこらのひな壇芸人よりも知名度は抜群だ。

率直に言うと、彼女たちはサラリーマンなのだから勤めているテレビ局から、原稿を渡されて読んでいるので、その原稿が視聴者に対して正確な報道と言えない側面が垣間見られる。

見とれてしまうほど美しい女性、饒舌に原稿を読む人気アナには男性はもうめろめろになるものだ。あなたがおかしいわけではないとだけ言っておきたい。

今回の提題は、「AVスカウト」にハンティングされてとても苦痛を味わった女性たちのことだ。これがまた話題にならなくなった。またマスコミが忘れたころにぶり返してくるのは確実である。

 

アダルトビデオの話題が表立って報道されればハナから怪しいと思え

 

今は、ドナルド・トランプ次期大統領のことでテレビ局は視聴率を取りたいので、裏社会のことは一切触れないでいるようだ。

何か、とてもうさん臭いNGO団体がヒューマンライツウオッチなど言う人権団体がある。今の日本で際立ってうるさく報道にやり玉に挙がるのがこのヒューマンライツウオッチだ。

街を普通に歩いている女性が、スカウトマンにひつこく声をかけられて事前に聞いていた話と違うから、弁護士が登場してきてマスコミに訴えかける手法を取っている。

今では、スカウトマンたちも寡占状態になっている。それだけ行政指導や下手したら警察沙汰になることもあるので彼らスカウトマンたちも肩身が狭い。

インターネット上では探せるが、マスコミも取り上げる題材がなければ急にこのAVスカウトのことを大きくを取り上げる傾向を持っている。最近では関西の「客引き」の大きな組織が逮捕されていた。

すでに、街中の客引きも違法なので、彼ら客引きは昔のように小ぢんまりとした組織ではあら稼ぎできない。大きな組織に所属して爆発的な売り上げを上げる。提携する店に女性を紹介することでキャッシュバックがあり、女性がその店で働いている間もオプション料金を払ってもらえることもあると言う。

この前は関西の大きな組織の連中が逮捕されただけで、これからは見た目を変えてまた「客引き」をしていくのである。さらに巧妙になり、女性を仕方なしに風俗店・水商売の店に引きずりこむのである。

これは、大阪で80年の戦前からある飛田新地ではないと思うが、東京ではデリヘリなどの職業を紹介される。また、あるいはアダルトビデオの世界に引きずり込まれたりもする。

ただ、この客引き問題とアダルトビデオのスカウトマンは見分けがつかないところが女性たちが引く盲点でもある。結局どの業界なのか?

本当に服を脱がなくていい仕事なのか。あるいは性サービスの仕事なのか。アダルトビデオ出演なのかは実は声をかけられた女性には理解できない。

人権団体は、そこを狙ってマスコミにアピールしている節がある。たしかに裏社会での仕事経験がない女性には恐怖心しかないし、乱暴な言葉を吐かれまるで恫喝まがいのことで仕方なしにアダルトビデオに出演もある。

乱暴な言葉を自分より弱い女性に吐いて、アダルトビデオに無理やり出演されるのはまるで暴力団と同じことをしている。脅迫しているのと同じであるのが一般的な考えで報道されているのはここまでの内容である。

私が気になるのが、スカウトされた女性たちも必ずしも強制的にアダルトビデオに出演しているとは思えない。AVの仕事が好きな女性も当然いる。人生が変わった稼げる女性もいるはずだ。

だから、マスコミの言っていることは信用できない。人権団体に言いくるめられてデマを流している可能性はある。全部の女性が嫌いで肉体を晒す仕事が嫌いなわけでもない。

要はマスコミは、ネタがなければアンダーグラウンドの女性たちの話題をぶり返してくる。今回、私の言いたいことはこれまでだ。

タトゥー、アダルトビデオ業界、地下ビジネスと呼ばれているアンダーグラウンドの社会が、ニュースで見ないときマスコミは下らないことに時間を費やして、また話題になればアンダーグラウンドの女性たちの問題を極端に流布する媒体であるのはあなたには知っていてほしい。

厳選された真実を報道しないマスコミはいずれ世間から葬られる。間違いないことだ。

 

310997802

 

関連記事

●経済学・経済学者・評論家・占いは当たらないとドナルド・トランプが証明した日

●転落しているからこそ、身近でリアルな快楽を貪り食え

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●傷付いてもまた立ち上がればいい

●嫌いな相手には関わらないことが最善の策である

●孤独に生きている人の虚しさは嫌いではない

●出逢いの多くは破綻する

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●同じ場所にいると嫌気が差して当然

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather