軽く魔が差す弱い生き物がヒトである


 

薬の誘惑は誰にでもある

 

覚せい剤で刑務所から出所してきた有名人のドキュメント番組が放送されていました。

彼は、覚せい剤で家族も多忙だった仕事も、好意にしてくれたひとからの信用も消失しました。

彼の名前はあえてだしません。私も外的な誘惑や、自分の弱さを自覚しているし、ただの人間だからです。

彼を攻めてしまうのは簡単ですが、たかが人間なんてそれほどたいした生きものではないです。

私は、裏社会にどっぷり浸かっているわけではないし、アンダーグラウンドのひとと付き合いも特にないですが、裏社会で生きるひとを全否定もしているわけではないからです。

ようは嫌いではないし、どちらかと言えば好きな方です。

通常、どこまでも転落しているひとを見ることは、表社会で生きている限り頻ぱんにあるものではありませんから。

無理して、裏の世界で生きているひとは多いし、逆に何十年と裏社会・一筋で生きているひともいます。

最近は、表・裏社会関係なく、なんでも規制している世間の風潮には、ほんとうに脅威を感じます。

タトゥーからはじまり、暴力団・AV業界・風俗業界も、裏社会がないと成立しない世界です。だけど、なんでも片っ端から規制してしまうのも、どうなのと感じてしまうからです。

消費税25%のスウェーデンやデンマークのように、日本は大人しすぎる国になっていくのかとおもってしまいます。

そんなことをしたら、ますます「競争」のしない国民があふれて、心底寂しい国になる気持ちがあるからです。

これからも、この規制という名の脅威的な社会現象は恐ろしく続いていきます。

しかも、世界的にこの流れは、普通の事象になるでしょう。

だから、表社会でも安心して生きれないし、裏社会も抜け目のない時代になるでしょう。簡単に言えば、表社会の人間が裏社会の人間を叩きのめす時代。

そんな現代を生きている、一般常識人でも、「薬・ドラッグの誘惑」には勝てない。

これはまっとうに生きている、あなたも、私もと言うことになります。

 

680ec547855c0787f9aae9285634ccc7

 

理解しているけど、軽く一度だけが犯罪者の言葉になっている

 

日本人は、意外と戦争時代から根強く存在する覚せい剤を使う傾向があります。

この薬は、世界でも匹敵する敵がいないくらい、強い破滅をもたらす薬です。

海外では、ドラッグが主流です。 なのに、芸能人をはじめ、小学校の教師からいきなり覚せい剤を使う民族は、日本人くらいではないでしょうか。まるで、貧困で苦しんでいる北朝鮮のひとのようです。

豊かになっている日本なのに初っぱなから覚せい剤を使うのだから、いかに日本人がストレスまみれで無理して他人と同調を必要以上に求めているのかが手に取るようにわかります。

これからは、日本人には多様性が必須になると言われています。だけど、多様性な社会になるには、10年くらいの年月では足らないでしょう。20年たっても、どうかなぁ?

大手の外資系企業から広まっても、日本の古い考え方の大企業のおじさんたちがそうはしない。

変な利権は、よっぽどのことがない限り変化しないのは、生きているとわかってくるものです。

 

ストレスが人を破壊する時代の流れ

 

最近は、防ぎ用のない犯罪が多い時代になりました。

アメリカ同時多発テロ事件のように、一般人を巻き込む凶悪犯罪・事件がまさに起きています。

9.11のテロが発端だとは言い切れませんが、とにかくここから世界は変な方向に向かっています。

いまは、中国の脅威が日本からアジア諸国までを覆っている時代です。

だから、どうしても一般の罪のないひとも恐怖の脅威を知り得ようとしています。しかし、これらの無意味な脅威ほど防げません。

これは、自然災害に匹敵するほど、どうしようない萎縮した時代に変貌している証でもあります。

 

Fullsizeoutput 322

 

たった一度が取り返しが付かなくなる

 

善人でも悪党でも、しょせん紙一重の領域です。

昔から言われていることですが、ほんの少しが命とりになります。

人間は、原始時代からそう変化していないし、たとえ未来が豊かになったとしても容易に変化するものではありません。

と言うことは、基本なにも「変わること」ができません。

これから少子高齢化時代が進みますが、高齢なひとが荒れる時代になることでもあります。

いろんな情報がインターネットからはいる時代だからこそ、よからぬことに手を染めやすくもなります。

世界を俯瞰してみると、民主主義を進めていかないといけない時代であるのに、国民だましの独裁国家が多いのも増えてきています。

北朝鮮は話しになりませんが、中国も中国共産党独裁が日増しに強くなっているし、アフリカの赤道ギニアのような独裁国家の国も滅びそうで滅びない。

ただ、なんも言われもない普通に生まれてきた国民が、国家の強引なルールに人権ものっとられるている時代だとも言えます。

そこで、私が絶対に手を染めてはいけないのは、強い快楽が得られる薬やドラッグの類です。

刑務所にはいっているひとたちは、そのたった一度がコントロールできなかったひとたちです。

入所者みんながみんな暴力団だもないのは事実です。案外、普通のひとが「罰を受けて」います。

だからこそ、私たちはたった一度の誘惑に流されてはいけません。

ましてや、ドラッグのなかでもどうどん高額になる覚せい剤に手をだしてはいけません。

それくらいの強い意識がないと悪に流されるのが人間の裏の一面です。

いわれのない不条理なことが起きる現代に人生を破壊するものに手をださない確率を減らさなければいけません。

わかっているけどヤメラレナイでは通用しないし、それこそ運が強くても生きていけません。

これから私たちを取り巻く環境は、グローバル化が加速し、いままであったパイが少なくなる時代になります。

だから、なんでも、「少しくらい」の誘惑に負けてはいけません。

地味だけど、それが生きるうえで基本となります。極端な話し、私たち人間は誘惑が渦巻くなかでより注意して過ごさないといけなくなります。

なので、たった一度の誘惑に乗ると取り返しが付かなくなります。だから、逃れられない多様性が蔓延するストレスも増殖していきます。

いまは、あなたも私も転落していなくても、どの隙間からも忍び込んでくる誘惑に流されないようにしないといけません。

時代が劇的に変わろうとしている時代だからこそと言うことになります。

たとえいまはあなたは安全に生きていても、誘惑は静かに忍びよってきます。

それは、表社会でも裏社会であっても……。

 

Be057b93859863d75fd76b62f8312b89 s

 

人気のある記事を以下からどうぞ

情報統制時代にはインターネットで正確な情報を探すべし
幸福になる最短距離は、他人と比べないこと
長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい
過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない
途方に暮れても立ち上がる勇気を持て
中途半端にやるから依存だと判断される
悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない
好きなことを優先して生きる事が人生最大のテーマ
冷静な判断ができるひとが最後には生き残る
【21世紀の資本】他人の意見は間違っている。自分の尺度を大切に

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather