いつの時代でも反グローバリズムは湧き上がるのだ


反グローバリズムはふつふつと湧き上がる

 

米大統領選挙が終わり、ドナルド・トランプが勝利を表明した後、米国の政治コンサルタントであるスコーカクロフトのトーマス・ギャラガー氏は北米自由貿易協定(FTA)の崩壊を懸念した。

すべての期待に反して、錆びたベルトはトランプを大統領に渡した。ミシガン州でのアメリカ自動車製造の震源地であるデトロイトの本拠地である中西部地域は、古い経済を象徴しています。住民にはトランプをサポートする理由があり、2つの大きな問題に関する踏みとどまる苦情が流出しました。

NAFTAは1994年のカナダ、米国、メキシコの自由貿易協定で、メキシコ人が仕事を盗むことを認めている。

 

結局、誰が大統領になっても、自国から仕事を奪う移民に対してのクレームがつく

ヨーロッパでは中東のひとたち、アメリカではメキシコのひとたち。どの時代でも同じだ。

それにしてもメキシコで生産する企業が増えた。南米はかなりデンジャラスゾーンなんだけど。

 

20161129 vacanthouse article main image

結局、誰が大統領になっても、自国から仕事を奪う移民に対してのクレームがつく。ヨーロッパでは中東のひとたち、アメリカではメキシコのひとたち。どの時代でも同じだ。

 
◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather