ビル・ゲイツが予想する三つのサバイバル分野


 

未来に生き残れる分野はこの3つだ

 

伝説的なマイクロソフトの創業者は長い間、未来を担っています。彼は発明家や技術革新者としばしば協力し、人類の未来についての多くの書籍を読んで、コミュニティを発展させるためのプロジェクトを開始する。

そしてその地域での彼のすべての経験の後、彼は近い将来、雇用市場の3つの教育的背景、すなわち科学、工学、経済学が最も有用であるという結論に達しました。
これらの分野で優れている者は、「すべての機関にとって変化の仲介者」となるだろう、と彼はLinkedinのエグゼクティブであるDaniel Rothとのインタビューで主張した。

「科学、数学、経済の基礎知識はあると思うが、将来のキャリアは非常に厳しいものになるだろう」と付け加えた。

 

ビル・ゲイツが、アメリカのstock news usaのインタビューで、将来有望な雇用市場での3つの分野の話をしている。

その3つとは、科学、工学、経済学がとても有用性が高いと、ビルは語っている。

化学、工学、経済学のそれらの柱にあるのは、化学、数学、経済がその根幹になければならないというわけだ。逆にいうと、後者の3つの分野だけでは生き残るのは難しいと言っている。

現代社会では、頭がいいだけではサバイバルできないし、逆に頭が「いいだけ」では生き残れない。

スティーブ・ジョブズも、ビルもそうだが、彼らは技術者出身で実行力があったから成功できている。

このインタビューで、ビル・ゲイツが言いたいことは、たんに勉強ができて頭がいいからだけでは将来は生き残ることは難しいと言うことである。

ビル・ゲイツも、先見の明があったのは間違いない。

 

 

103103404

化学、工学、経済学のそれらの柱にあるのは、化学、数学、経済がその根幹になければならないというわけだ。逆にいうと、後者の3つの分野だけでは生き残るのは難しいと言っている。現代社会では、頭がいいだけではサバイバルできないし、逆に頭が「いいだけ」では生き残れない。スティーブ・ジョブズも、ビルもそうだが、彼らは技術者出身で実行力があったから成功できている。 このインタビューで、ビル・ゲイツが言いたいことは、たんに勉強ができて頭がいいからだけでは将来は生き残ることは難しいと言うことである。

<p> 
◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない