夏に降る雨が心地よかった日


 

殺人的な日差しを見ずにすんだ日

 

わたしの住んでいる地域で、ほんとうに「ひさしぶり」に雨が振りつづきました。

いまもまったく止みませんけどね。

温暖化と言われて、軽く15年は経っています。

そういえば、昔はクーラーが一家に一台あるくらいが普通でしたけど、いまは部屋に一台の時代です。

エコなんてことばはなかったですし、電化製品もアナログばかりでした。

だけど、いま現在はクーラーなしでは生きていけません。

ついでに言うと、ペットボトルの水もない時代だし、コンビニもありませんでした。

時代は変わったのはいいけど、いまのひとは水を飲み過ぎて、頻尿になっています。

わたしも、そのひとりですけどね。

熱中症と言うことばは、「日射病」でしたね。

日本全体が、それほどエコに感心がなかったし、空気も汚かった時代をおもいだします。

車の排気ガスも、気分が悪くなるくらいの殺人的なニオイでした。

いまは、車の排気ガスのニオイもソフトな時代です。

わたしの記憶では、ここ15年くらいで、一度だけ冷夏だった夏がありました。

だけど、その一回だけですね。本物の冷夏だったのは…。

ゲリラ豪雨はなかったし、言いだすとキリがないほど、やっぱり日本の季節が変わったのかもしれません。

 

逆に寒冷化説もある?

 

現在の日本の夏は、殺人的な暑さを記録しています。

往々にして、日本は湿気が高いです。逆に乾燥している、わたしたち日本人は、不快になるので人間は勝手な生きものだし、生まれた国によって、ひとの体質は違うものです。

雨だと仕事に支障がでる職種もあったりして、商売が上がったりのひともいるでしょう。

ただ、2016年の夏は記録的な暑さが続いていたので、たまの雨は大目にみましょう。

基本、夏は暑いものです。当たり前の話しですけど…。

やっと降った雨を数分、見ているとなんだか、「涼しくなるのかなぁ?」と言うおもいがめぐってきます。

きょうは、クーラーをいれなくてもいいのかとおもっていたのに、一日中雨が降っていると、やはり湿気が逃げませんね。

夕方、家に帰ってきたら、さすがに「足はホテって」いませんでした。

クーラーをいれなくてもいいのかと、セコい考えばかりが、頭の中をめぐっていました。

そして結局、クーラーがないと寝れない体質になっている、自分が嫌になります。

そんなのクーラーがないと、やってられません。

雨が止まないし、さすがに夜まで止まないと、うっとうしくなってきます。

ほんとに、人間って身勝手な生きものです。

 

これだけ、殺人的な暑さを記録する気候でも、寒冷化説を信じますか……。

結局、2017年も殺人的な夏がやってくるんですけどね。

 

20151104204201apsdo 4

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather