冷静な判断ができるひとが最後には生き残る


キレイな物には気を付ける

 

わたしたちは知らないひとを見ると、このひとはいいひとだと感じてしまう先入観があります。

ひとを疑ってはならないとか、迷信じみた風習があります。

特に、わたしたち日本人は、いままで「平和」だったのかもしれません。

これからどのような時代になるのかは誰も読めません。

悲観的な感情に感じるでしょうけど、キレイな物ほどほんとうは怪しかったりします。

ある日、裏切られることもあります。

どれだけ心から信じていても、騙すひとは騙すし、あげくの果てに痛恨の裏切りを受けたりします。

人間、そんなものだからと割り切れる感情を持っているひとは、いつでもそれなりの備えができるし、最後には冷静な判断ができます。

 

何でも信じきるのは怖いこと

 

なんにでも依存することが一番、危険を伴います。

まず、わたしたちは他人を見た目からしか判断することができないですから。

詐欺師に騙されるひとの大半は、「こんなはずではなかった」とそんなことばがでます。

キレイごとほど、それを失った喪失感は、どこに逃避していいのか迷います。

裏切られたことを信じられないひとは、裏切られてからすぐに気がつくことは稀です。

それだけ、騙す相手も巧妙なテクニックを駆使してくるからだとも言えるからです。

用心深くても、自然災害に遭遇することは、いまの日本人なら気づいておくべきでしょう。

生きている最中は、いろんなことがあります。

自分の極めた道で頂点に立つことだってあります。

基本、そんな成功者ばかりが世間ではないし、甘くないのが世の中の図式です。

もし、あなたが騙されたり、裏切りを受けたり、不意の事故にあったしても、冷静な判断をしていくことがあなたの人生のために活用できることになります。

さまざまな経験、苦い思い出に遭遇しても、最後まで冷静にいることが、あなたの人生を充実させてくれるのは事実だから。

 

o0450025412913294104 Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather