仮面を被ったうつ病は休息を取ることだ


仮面うつ病は自分も気付かない

 

基本、うつ病は薬をひたすら飲むしかない。そして、長い休息を取らないと完治しない。

個人差はあるだろうが、たんに薬を飲むのは気休め程度にしかならないことが多い。

一気に、うつ病の薬は止めることはできない。体が求めてくるので、それなりに苦痛を伴う。

誰でも、学校・会社・社会生活とは違う一面がある。インターネット時代になってさらにその傾向が強くなってきている。

たとえば、遅刻してはいけないだとか、言葉づかいまで気配りしないといけない社会と化しているのは事実だ。

これから、熟成した日本ではさらに加速度が増して、規制であったり、衛生面でも、モラルも厳しくなる。

自然とそうなる傾向だから、頻繁にうつ気味になるひとは多くなる。

プレッシャーに弱いひとも、若者も仮面うつ病になりやすい。息抜きを知っているひとはいいが、そんなひとは少ない。

あなたも、たまには思いっきり仮面を剥がしたらどうだろうか?

 

92f113a4 0349 4b77 b4e8 085e43e4a8dc

 

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない  

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない