もっと好きな事を深く知る事であなたに得て欲しい



images-4
 

自分のことは自分に決定権があるから

 

給料に関する価値観が、現代社会では「これでは足りない」と感じるひとが多いのは事実です。

極端に節約しすぎて逆に時間を浪費しているひとはそう珍しくありませんね。さまざまな状況はあるでしょうが、まず通勤で2時間もかけているひとは東京近郊のひとなら数え切れないほど存在します。

たまたま、生まれた土地が都内ではなかっただけで、ひとの考え方は大きく違います。それにも増して、環境が個人個人で違ってきます。

人間の人生は簡単には変えることはできないし、世界は間違いなく私たちの想像よりも広大です。生まれた場所が悪い場合もあるし、運も関係しないことはない。

どれだけ自分の人生を変えたくても変えられないことは、生きていればキリがないほどでてきます。運命であるかもしれない。宿命的ななにかが自分の気持ちとはかけ離れていてもうどうにも変えられないかもしれません。

数字にはたとえられないほど、真剣に仕事に取り組んでも結果がでないことの方が多いかもしれない。それでいて、恋人・家族ともうまくいかない。ただ単に時間を浪費しているだけの時期が誰にでもあります。

 

他人に流されない生き方を探せ

 

先読みしすぎてもそれは当たらないし、今日のことで精いっぱい生きているのに……。

ひとに流されて自分の好きなこともできない。結局、時間も取れなければ自分がどこにいるのかも分からないことは大抵のひとは経験しています。

もうどうだっていいやと思い、孤独感にさいなまれて死んでしまいたい気持ちになることだってある。そこで本当に命を落としてしまっては元も子もないです。

なんにでも表があれば、必ず裏があります。光がさして眩しい中でも闇の部分は存在を誰も言わないだけで、闇の部分はないことにしています。

大事なのは、そこで光のさしている方向を見ているだけでは最後にはなにも見えなかった。光がさしているからこそ裏の部分を知ると、あなたは素晴らしく成長します。

それは好きなことも同じだし、今まで深くあなたが知らなかった闇を見つけていけます。谷底まで深く落ちていて、落ちているからそこに「光がさす」。

表にでない部分を深く知ることで好きだとか嫌いだとかを知ることできます。生きていると悲劇も起きるし、とんでもないこと、考えたくもないことが見ず知らずの他人から持ってこられることもあります。

誰にで生きている上でたえられないことはあります。十分に注意していても、もらい事故をもらうことだってあります。だけど、いつまでも不幸を悔やんでいては前に進めなくなります。ひとはマイナスな部分を思い込みすぎてもいけない動物です。

そこであなたは好きなことをして生きていかないといけない。好きなことだから、闇の部分まで深く知っていることが大事です。

あなたはまだ若いから、本当にあなたの好きなことはもっと深く知ることが大事だしあなたの大事な時間を他人に流されてはいけない。

 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather