出逢いの多くは破綻する


 

お互い何もないものが人の出逢い

 

いまでは、出逢いは異性だけではない時代です。

それもまさにカミングアウトして、オープンにして過程です。これからでしょう。本格的な同姓の結婚が認められるのは……。

だから、いつも男が女を好きになるのが普通と考えては、稚拙だとおもわれる時代になります。

途上国は、いまから成長していくので簡単ではないけど、徐々にカミングアウトしても問題ない途上国はでてきます。

いままでは、アフリカ、イスラム国家などは、それこそ差別の対象になっていたひとたちも、カミングアウトできればと願う気持ちは、わたしにはあります。

男女の出逢いでも、結構いい加減なものですよ。

どうせ気が合わないんだったら、昔の日本のようにもう我慢しなくていいんです。

熟年離婚なんて、たいしたことがない。

男性が困るだけの話しですよ。さすがに、女性は強い。

それに比べて、一部のコマーシャルも日本の父親たちに、「悪影響」を与えるものが、強い利権でのさばっています。

あのコマーシャルのコンセプトは、さっさと変える時期なんですけどね。

いまでは、犬だけではなく、猫もでてきます。

この CM で日本の父親たちは、ほんとにバカにされだしました。

いい加減ですよ。あんなの。

それは置いといて、恋愛の出逢いは通常どこにでも転がっているもんです。

都会なんて、特に多いんですよね。歩いているだけ、電車に乗っているだけ、スターバックスでコーヒーを飲んでるだけで出逢います。

誰だって好みはあるし、こだわりはあるでしょうけど、実は出逢いはあるんですよ。

これと言った、恋愛の教科書はないし、ひとそれぞれなのが「恋愛」であり、「出逢い」なんです。

いまでも、30歳を過ぎた女性は、白馬の王子さまが迎えにくると妄想をふくらましている女性もいますが、それは100年待ってもきません。

どうぞご心配なく。

 

世界の人口は70億を超えたから、また誰とでも出逢える

 

誰も、別れる前提で恋愛も結婚もすることはないです。

だけど、いずれうまくいかなくなるもんでもあります。

お互いの忍耐なんでしょうけど、それでも限度はあります。

これは同姓愛者のひとたちにもいえます。

そんなもんじゃないですか、人間の出逢いって。

欧米人なんかは、それこそカッコいいこと言う割りには、すぐに離婚しますからね。

あの情熱もいずこに行ったのかなぁ?といつも感じます。

わたしたち日本人は、どちらかと言えば控えめな人種であり民族ですけど、それでも離婚するときはしますよ。

ハッキリ言って、ほんとうは情熱なんて、恋愛にいらないんです。

どうせほとんどの恋愛がうまくいかないんだから。そう言うもんですよ。

 

だって、男女の出逢いに用意するものなんてないんですから。

 

うまくいかなくて当然なんです。

 

だから、いま現在、恋愛で死ぬほど落ち込んでいるひとは、次の好きなひとを探しましょう。

 

その方が、あなたの感性も広がるし、時間をムダにしなくてすむからです。

 

たかが、恋愛で命を落とすこともないでしょう。

20151125153056157