一日コップ2杯のコーヒーで認知症は防げるのか?


 

10年がかりの調査で388人に毎日コップ2杯のコーヒーを飲ませたところ、認知症の発生率が36%下がった。

カフェインが特定の化学受容体をブロックするためだ。この受容体が加齢に伴い不正に機能することで脳の学習・記憶を担当する諸領野の活動が悪化する。 先にロシア・インドの研究チームがコブラの毒をもとにした癌治療薬を開発した。

 

いまや、誰でも健康のことを気にする時代になった。

残念ながら、日本ではあらゆる場所で隠れ貧困が存在している。が、しかし、世界は中間層が増えている。

インドのように、日本の貧困は見えないのでタチが悪いのも事実だ。

世界的に、コーヒーを飲むひとが増えたのかもしれないが、コーヒー豆の価格は高騰している。

チャイばかり飲むインド・ネパールのような地域もあるが、どちらかと言うとコーヒーが飲まれている。

認知症の研究は進んではいるが、いまだこれと言った予防方法、薬はない。

その本人により効き目は違うが、コーヒーに入っているカフェインには認知症を予防する成分が含まれていると言う。

まだまだ、人類とコーヒーと「認知症」の付き合いは長く続くのである。

 

92792962

認知症の研究は進んではいるが、いまだこれと言った予防方法、薬はない。その本人により効き目は違うが、コーヒーに入っているカフェインには認知症を予防する成分が含まれていると言う。まだまだ、人類とコーヒーと「認知症」の付き合いは長く続くのである。

 

◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない