帝王切開の方がリスクが少なく早く安全である?


確かに傷あとは残る

 

帝王切開の普及が人類の進化に影響を及ぼしていると、科学者らが指摘している。

オーストリアの研究者らはこのほど、骨盤の幅が十分でないために帝王切開が必要になる母親が増加しているとの調査結果をまとめた。論文は米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された。

研究者らの推計によると、生まれてくる赤ちゃんに対して産道が狭すぎる例が、1960年代には1000件のうち30件だったのが、現在は36件に増えた。

従来であれば、これではお産が成功しない。そのため、こうした身体的特徴の遺伝は阻害されていた。

 

以上の記事のキーポイントは、帝王切開そのものよりも現代の女性の「骨盤の幅が狭い」と指摘されている。

昔よりも、世界の人々はゆたかになったので食べものをたくさんに口にしていると感じるがどうやら医者はそう捉えていない。

ここ数年、日本の産婦人科医の不足が問題になるが、帝王切開は医師が時間を決めてくるので出産のリスクとしてはまだ軽い。

ただし、女性の腹部には赤ちゃんをしっかり産んだ「傷あと」が残る。

帝王切開に関しては、数は日本はまだましだ。ブラジルでは当たりまえに帝王切開している。

ようは考え方と文化の違いだけだ。

 

20151218170438

 

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather