ドナルド・トランプ大統領がマスコミの愚かさをハッキリさせた


 

いつまで経っても世界中のマスコミは偏向報道である

 

基本、アメリカ大統領選はほとんどの日本人が興味がないことだと分かった。

個人的には結構おもしろかったし興味もあった。しかし、日本のマスコミは、アメリカをやたら褒めるわりにそれほど興味がないのである。これは彼らが次の新しいことばかりしか考えてないし、とにかく何でも話題になりさえすればいいのである。

最近、特に酷いのが韓国大統領の弾劾問題である。私たち日本人の間ではたいしてこれっぽっちの話題にもならないのに、テレビの報道は朝から夜まで流しっぱなしである。

正直言って、電車でも話題にならないようなことを日本のマスコミは偏った報道をする。この現象は日本だけではないのだからまったく持って酷い。要は昔から、マスコミは偏った体質が改善されるわけでもなく、これからも偏った意見を全国民に流す媒体であるのは間違いないのである。

たしかに、ドナルド・トランプは政治経験もないから不安なのは理解できるが、マスコミが垂れ流す不確かな情報は怪しげなものばかりだ。インターネット時代でもこんな状態なのだから、これから先もどうすることもできない。

まだ、この後に及んで、ヒラリー・クリントンの方が得票数が多いとは言っている。どの情報を読んでも同じようなことしか書いていない。結局のところ誰がなってもほぼ同じ文句がつけられるのは間違いないのない事実である。

やはり、もうすでに世界のマスコミは信用してはいけない。私たちは騙されていた。

世間の言う多数決なんて全く関係ないと言うこと

 

すでに、今は情報過多の時代だからいいも悪いもあらゆる情報がゴチャマゼになっている。だから、あなたはどれだけ信じていたとしても偽情報をつかまされているかもしれない。簡単に人は変わるものではないし変われるものではない。10年後だとか関係ないのである。

そんな狭い考え方だと言われるかもしれないが、あなたが考えたことが一番の考えであると言える。紛れもなく人の感性が微塵も入ってなくて、あなたのオリジナリティが必要な時代でもあるのだから、自分を信じて欲しい。

もっと簡単に言えば、外からの情報は両面があると言うことだ。何も片方からしか見なくてもいいのだ。古い歴史もそれほど関係はない。

多数決であろうが、そんなのはクソ喰らえだ。あなたの直感がこれからの情報量が多い社会には必須であるのは間違いない。

あなたは、アメリカ大統領にたいして興味がなかったかもしれない。しかし、あなたはこれから自分の考えで生きていけばいい。

今回は、前評判は関係なくドナルド・トランプがアメリカ大統領になった。今までの歴史も真実もアテにならないのである。

あなたは自分を信じればいいだけだ。

 
6821ced4da05315eb004cfaad7faa6c8
 

 

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather