手が届きそうな目の前にあって手に入れる事ができないモノ


 

がむしゃらに追いかけて見逃している

 

がむしゃらに、なにかに集中している時間は、ほんとうに大事なものなどを、ほとんどのひとが見逃しています。

余裕のあるときは、自分の周辺が見えているから、見逃すことは少ないものです。

誰でも、人生がバランスが平均して取れているときはありません。

基本、それくらいのものです。

ここぞとおもっているときに、意外と手にいれるものが困難なことは、誰しも経験します。

異性を夢中で追いかけているときは、その異性が必ずしもあなたの「追い求めている」ひとではないことが多いものです。

不思議だけど、そこで手にいれられないひとは、縁がなかったとおもっても問題はありません。

人間、お世辞も言いますから、仕方ないと言えば仕方ないです。

瞬時に、ひとの気持ちもこころも変わるのが人間です。たとえ、悪気がなかったとしてもです。

必死で追いかけて、見過ごすのはなにも失敗ではないし、逆に経験が豊富になる可能性もあることなので、必要以上に落ち込ませないことが重要です。

誰しも、傷つきたくないんだけど、そんな辛い時期がひとを成長させるもんです。

ほかに幸せになっているひとの話しを聞くと、とても順調に機能しているんだと感じます。

それは、そのひとにとって幸せなだけで、あなたの尺度とはまた違います。

 

生きてるうちに何回かはチャンスは転がっている

 

他人の幸せ話を鵜呑みにする必要はないし、幸せな話しをするひとも案外、大変かもしれませんから。

手が届きそうなときに、手にはいる方が手っ取り早くていいんですけど、簡単に手にはいるものは「すぐに逃げます」。

これは、そこそこ生きてきたひとなら経験することなんで、あなただけがいま一番、不幸のどん底ではないから、それほど心配することはないんです。

人生に何十回も、チャンスはないけど、好機がないばかりのも人生ではないと言うことです。

いま逃すと、次はいつチャンスを掴めるかは、誰にも読むことができないんだから、また同じことを一途にケイゾクしていれば、もしやと言うこともあるものです。

結論は、掴めたチャンスがケイゾクしなければ、意味がないんですからね。

もしや、次回のチャンスは、あなたが熟練してきたら掴めることもあるし、抜群に相性の合う異性もそのとき手にいれることができるものです。

 

チャンスに歳なんか、関係ありません。

 

必要なのは、あなたの情熱がケイゾクしていることが大事だと言うのは確実ですから……。

 

5bad174f096416b4c84e5ae3429d697bb769f5d41173618044

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather