イーロン・マスクは車の未来に伝説を作る男なのか?


テスラのビジネスモデルは成功するのか

 

512548682

Tesla社は成功した自動車メーカーで、収益によって太陽光バッテリーや充電器製造といった関連産業に高額の投資をしながらも、株主の関心を保っている。tesla社は実際には、採算の取れないビジネスだった。社のレポートが黒字を示したのは2回だけだ。2010年の第1四半期と株式公開直後の2016年第3四半期のことである。

Tesla社は成功した自動車メーカーで、収益によって太陽光バッテリーや充電器製造といった関連産業に高額の投資をしながらも、株主の関心を保っている。

しかしtesla社は実際には、採算の取れないビジネスだった。社のレポートが黒字を示したのは2回だけだ。2010年の第1四半期と株式公開直後の2016年第3四半期のことである。

 

いま現在、テスラ・モーターズ自体は採算が取れていない。採算を取るまでにまだ時間がかかる。

イーロン・マスクも、PayPal社の前身であるX.com社を1999年に設立した人物でもあるので、既存の企業でもないビジネスのリスクは知っているはずだ。

PayPal社も何もないところから始めているので、フル自動運転カーがハナから成功できるとは思っていない。

ただ、PayPalとテスラではあまりにも挑戦する分野が違うし、自動運転カーは採算に見合うかは分からない。

それに加えて、道路を走る上であらゆる法律もクリアーしていかなくてはいけない。

自動運転カーは誰が成功する分野なのかは分からない。

ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグたちとはある意味まったく違う分野だ。

だけど、イーロン・マスクは自動運転・宇宙開発のベンチャーな分野に挑戦していく。

彼の挑戦はまだ始まったばかりだ。

 

486653737

自動運転カーは誰が成功する分野なのかは分からない。ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグたちとはある意味まったく違う分野だ。イーロン・マスクは自動運転・宇宙開発のベンチャーな分野に挑戦していく。彼の挑戦はまだ始まったばかりだ。

 

 

◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather