【2017年】iPhone7の在庫は減少するかも?


2017年はiPhone7の在庫が減る予想

 

米Appleは、iPhoneを2017年1月から3月に前年同期比でおよそ1割減産する計画。日本経済新聞が報じた。

 

それでも、iPhoneの売り上げは凄まじいので、まだまだApple社は余裕があるのも事実だ。

2016年の世界のスマートフォンの出荷台数は、2015年と比べてもほぼ同じだと言われている。

つい最近では、インドのシリコンバレーと呼ばれるバンガロールでíPhoneを組み立てるために、アップル社は台湾のスマートフォンメーカーと提携したとも噂されている。

私たち、日本人には関係ないがインドでiPhoneが製造されると、インドでのiPhoneの値段が下がる可能性がある。

Apple社は、秘密主義を貫き通すので、次回のiPhoneはどういったイノベーションをだしてくるのかは分からない。

新しいコンピューター、iMacが発売されるとも言われてもいる。

Apple社も、まだ未開拓のインドよりも中国で売り上げを伸ばしたいのは本音だろう。

しかし、ファーウェイなどの安価で、そこそこのクオリティのあるスマートフォンの台頭で中国市場で苦戦している。

日本が異常ではある。

やり尽くし感が露呈しているスマートフォン市場で、今後Apple社はどのようなポジションを取るのか楽しみだ。

 

83936314

つい最近では、インドのシリコンバレーと呼ばれるバンガロールでíPhoneを組み立てるために、アップル社は台湾のスマートフォンメーカーと提携したとも噂されている。私たち、日本人には関係ないがインドでiPhoneが製造されると、インドでのiPhoneの値段が下がる可能性がある。Apple社は、秘密主義を貫き通すので、次回のiPhoneはどういったイノベーションをだしてくるのかは分からない。

 

◆ 以下のApple関連記事もいかが

 

● 【Apple Watch 2】磁気ドッグ開封レビュー 2ー(1)

 

● 【Apple Watch 2】磁気ドッグ開封レビュー 2ー(2)

 

● やっと届いた。Apple Watch2 開封の儀レビューです

 

● やっと起動できた。Apple Watch2 開封の儀レビューです

 

● 【target】iPhoneと接続。Apple Watch2 開封の儀レビューです

 

● 【最終章】Apple Watch2 開封の儀レビューです

 

◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather