中国でも日本の若者の貧困が話題になる時代になった


中国のインターネット上でも日本の貧困が話題になる日本。そして中国はどこに行くのか?

 

現在の日本の若者は、親の世代とは異なる。バブル経済期は、卒業すればすぐに「終身雇用制」の職場に就職し、一生を楽に送ることができた。若者の仕事量が増えたが、経済的には親の世代との格差が拡大している

 

いま、中国のインターネット上でも、日本の若者の貧困が話題になっている。

たとえば、以下のようなことだ。

 

現在の日本の若者は、親の世代とは異なる。バブル経済期は、卒業すればすぐに「終身雇用制」の職場に就職し、一生を楽に送ることができた。若者の仕事量が増えたが、経済的には親の世代との格差が拡大している。一人で生きるのも難しいほどなのに、結婚など考えることもできない。これでは日本の最も重要な社会問題「少子高齢化」は、短期間内に改善されないだろう。

 

中国も2017年は、人民元流出の危機がやってきているのに案外、日本の若者たちの貧困も話題にしている。

たしかに少子高齢化と言う意味では、10年後の日本の未来は暗い。

しかし、もうすぐ中国も深刻な大気汚染、超少子高齢化時代に入る。

日本の物価も学費も高額なのだが、中国も迫りくる超格差社会、少子高齢化が到来してくる。

なぜ、彼ら中国人はそんなことを心配しているのか?

もちろん、中国にも日本と同じ、超高齢化・超格差社会がやってくるからだ。

 

もうすぐ中国も深刻な大気汚染、超少子高齢化時代に入る。日本の物価も学費も高額なのだが、中国も迫りくる超格差社会、少子高齢化が到来してくる。

なぜ、彼ら中国人はそんなことを心配しているのか?もちろん、中国にも日本と同じ、超高齢化・超格差社会がやってくるからだ。

 

◆ 以下のおすすめ記事もどうぞ

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather