中国の大気汚染は世界最悪レベルだ


中国の環境汚染は史上最悪レベル

 

中国国務院(内閣に相当)は6日、有害な化学産業一掃に向けた3カ年の行動計画を発表した。昨年天津市で起き、165人が死亡した爆発事故のような大規模事故の防止が目的。

 

中国は、2016年にすでに上海バブルがはじけたと言っても過言ではない。

いままでの中国の経済成長は環境を破壊してきたから成長していた。

ビジネスに対しての中国人の闘争心は、日本のトップクラスの商社マンでも勝ち目はない。

これから、中国の軍事費は増大し国家を破壊するレベルで起きていく。

さすが、中国共産党が言いそうなことだ。日本も同じだが、中国も少子高齢化社会になってきている。

ただ、中国の場合は、13億人の世界でも群を抜いている強大な人口なのだから、今後さらに深刻になってくる。

まぁ、中国が世界に向けて「タテマエ理論」を立てているだけである。庶民は生きることが大変なだけだ。

 

以下が関連記事です。お時間の許す方はどうぞこちらから

【PM2.5】環境汚染という名の中国の悲しさ

 

Osen02

●地味で真面目だけど社会不適合者は存在する

●軽く魔が差す弱い生き物がヒトである

●間違いは長く生きて償うしかない

●みんなが平等に生きていける事はない

●今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる 

●過ちを犯すのが人。いつまでも悔やむべきではない

●長くうまくいかない時期は嵐が過ぎ去るのを待てばいい

●途方に暮れても立ち上がる勇気を持て

●幸福になる最短距離は、他人と比べないこと

●サクラ散る。そしてまたサクラが咲く

●「仲良くしようぜ」を連発する相手には距離を置け 

●あなたの直感はアテにならない

●ネガティブな感情はマイナスではないと言うこと 

●不器用でも小細工するとみっともない 

●【貧困】2017年は日本の中間層が追い詰められる時代 

●悲観的な考えと絶望感は持っていても問題ない