消費型モバイル機器より生産性のあるパソコンが良い


 

モバイルには生産性がない

 

最近、何度もニュースになっている、パソコンが使えない若者たちの記事をよく読みます。

しかも、頻繁に話題になっているので、それは学歴があろうがパソコンが使えない、若者たちが増えているのが目立つからです。

それは仕方がないことなんです。

いまの時代、特別パソコンにこだわらなくても死にはしないし、スマートフォンなりタブレットなりでそこそこのことができますから。

問題なく、生活できると言えば、そうなります。

しかしモバイル主体だと、どうしても生産性が、やっぱりパソコンよりも落ちますよね。

 

親がパソコンを使わなくなった

 

それほど、高額なパソコンを買い与えることはないと思います。

世界的に見ても、すでにデスクトップ型より、ノートパソコンを使っているひとの方が多いのが事実ですから。

その上、親もパソコンは会社でしか使わないのも関係しています。

特に日本の場合は大企業か、専門的な職場じゃないと「ひとりに一台」と言う感覚で、まだパソコンは行き渡っていません。

わたしの経験でも、なんでも電話かFAXしか受けつけない団塊の世代も数えきれない位たくさんいます。

メールをすれば、怒らえれたりします。

これは、ほんとうに困りますけど……。

だけど、それがいまの日本の「古い慣習」なのは、まぎれもない事実なんでね。

 

NewImage

 

もちろん効率的な方が良いから

いくら学校の授業でもパソコンの時間があっても、そんなもん英語と一緒でこども個人が、「自分のもの」にできない。

ゲームに没頭するのもいいけど、そこには生産性がないじゃないですか。

世の中は広いから、ゲームで食べているひともいますけど、それほど簡単な世界でもないし、そればっかりだといざという時に仕事のリスク分散ができませんから。

だから、やっぱり景気もよくならないけど、こどもには各一台づつパソコンを買い与えてあげる方がいいです。

モバイルも、技術的にもどの多国籍企業がやってもみんな「横ならび状態」になってきています。

極端に言えば、モバイルはこれから進化しまくるんです。

だから、特に必死で習得しなくても、使い勝手がいまよりも格段によくなります。

いまより逆に、パソコンを使えるひとが重宝されると言うことです。

 

不景気でもパソコンは必要

 

わたしの感覚が古いのかもしれないですけど、いまよりパソコンが使えるひとがこの先、社会では大事にされるでしょう。

これだけモバイル中心で世の中が回っているんだからこそ、ここで生産性のあるパソコンをこどもに持たして上げた方がいいに決まってます。

もう、これから「個人で発信」が重要になってくる時代ですから、そこはケチらずにノートパソコンでも買い与えて下さい。

すでに、モバイル機器で情報は容易に作成できて発信できる時代になってます。

だけど、すばやく生産ができて効率的がいいツールは、まだパソコンに軍配があると言えます。

 

 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather