今は最高でも人生の大転落はいつでもやってくる


 

転落しても復活すればいいだけ

 

たとえ、あなたが長いようで短い人生の中で、順調に回っていてもいつでも「転落する」はあるものです。

どれだけ健康なひとだとしても、急に事故に巻き込まれたり、思いもかけない病気になることもあります。

そこで、それを宿命だと受けいられるひとだと、まだ助けることができます。

這い上がれると、それに越したことはないですから。

用心深いひとでも、防ぎようのないショッキングな運命が襲ってくるこもあります。

たった、ひとつの出来事だけど、少しの捉え方で人生が左右されます。いまは、貧困・失業だとかそんなことばがはびこる時代も、この平和ボケした日本であり得ますから。

転落していると、あなたの周りは相手にしてくれない状態が続きます。

まるで人種差別を受けているような気がする。孤独で不安で、もうどうにもならないのか?

いまどき、日本でのたれ死にしているひとはいません。だけど、「孤独死」が増えていると、そんな悪いニュースを聞けば、おのずと自分も恐怖で怖くなってきます。

基本これは、豊かだとかはそんなこと関係ないです。

いつでも人生には、「つまづく」場面があります。失敗を恐れるほど、悪い妄想が現実的になることだってありますから……。

だけど、わたしは転落しているひとが、もうひと頑張りする姿が好きだし、簡単に人生を諦めないことが大事なんです。

それより大問題なのは、転落している自分と真正面から向き合わないことです。

 

実は転落している時を他人は見ている

 

世間から、会社から捨てられても、他人は意外と見ています。

もう人生安泰のシナリオは、日本であっても残っていません。すでに過去の話しです。

その時代を網羅しているひとも、稼いで目立っているひとも、いつ転がり落ちることはあり得ます。

もちろん、転落している状態なら、あなたは孤独と追い込まれた気持ちになります。なって当然です。

おもいっきりなって下さい。

最悪の状態を脱するひとは、なかなか存在しません。

だけど、わたしは転落しているあなたがカムバックしようとする姿を見てみたい。

どの世界でも、たとえ蔑まられて見られている世界でも、転落しているひとは、姿を消します。

だけど、そこを乗り越えて底辺の状態から、常識も現実も超越できるひとがこれからの強烈な資本主義時代に残れるひとです。

いままでの固定観念を頭から身体から、人生観から解除すると、そこでまた結果がでてきます。

転落しているひとを見捨てているのは、実は自分ですから。

たった一度の人生を諦めない根性は、廃れていくスピードが速い時代に、絶対に必要になります。

いつでも、モデルチェンジできる柔軟さを持ちあわせていて下さい。

人間、現状の惰性に流されることは簡単です。

統計とか実績とか、過去の栄光を捨てて、その最悪の状態を乗り越えらるひとを見てみたいし、わたしは理屈抜きに好きなんです。